Ashtangayoga Omotesando [東京]

181206_01.JPG

東京で「Ashtangayoga Omotesando(以下:AYO)」に行って練習してきた。

私のことを知っている人は、昔から行っているのに何を今さらと思うかもしれないけど、今年2月に新しい場所にスタジオが移転してからは初めて行ったので、改めて紹介したいと思う。

新しいスタジオは、イギリスのオーガニックコスメブランド「ニールズヤード」表参道本店2階の、サロンやスクールを開催しているスペースを借りている。表参道駅A1出口を出てほんの1分ほど歩いただけなのに、いきなり閑静な空気に包まれていて、表参道の都会っぷりとのギャップに驚く。朝のクラスが開催されている時は、ブラウンライスカフェ(ニールズヤードのオーガニックレストラン)の看板のところに、可愛らしいAYOの提灯が出ているので、行く人はそれを目印にするといいと思う。

181206_02.JPG

提灯の横の、緑に挟まれたエントランス小道を抜け、目の前にある階段をのぼると、今度は踊るシヴァ神ナタラジャとAYOの小さな看板が出迎えてくれる。冬場の朝は暗い時間に来る人も多いという配慮からか、小さなイルミネーションもついている。提灯とか、看板のデザインとか、ナタラジャにイルミネーションとか、こういう気の利いたおしゃれセンスがほんとたまらない。

私は明るい時間に練習に行ったのでイルミネーション見れず…

私は明るい時間に練習に行ったのでイルミネーション見れず…

スタジオとして使っているスペースも、ニールズヤードの場所だけあって、シンプルでナチュラルなインテリアでとてもいい感じ。個人的にはフローリングの木材と組み方がとても好み。どうでもいいことに思えるかもしれないけど、ヨガの練習は裸足でやるし、練習中に床を目にする時間も長いから、私は床は割と重要だなと思っている。

下の方に少し見える床が私好みのそれ。

下の方に少し見える床が私好みのそれ。

えり子先生のクラスは落ち着いていて穏やかで、その中に筋の通った厳しさもあり、肩に力は入らないけど背筋が少しだけ伸びるような気持ちになる。友だちでもあるので色々と言うと宣伝とか応援っぽくなりそうで、これまであまり言ってこなかったけど、えり子先生は毎朝3〜4時くらいに起きて、クラスの前に一人で練習してからクラスを指導するという、とても実直で誠実な先生。だからこそ信頼できる。そもそも、友だちになる以前に、バリーのアシスタントの先生と生徒という立場で出会ったので、先生として尊敬しているから、友だちとして仲良くなった後も、ずっとクラスを受け続けているのだと思う。

私の師事するNYのエディ・スターンの、インド文化やヒンドゥー教を敬愛しつつも、独自のセンスでNYの日常生活に溶け込ませている感じがすごく好きで、AYNYに初めて行った時はそのセンスにも心を持っていかれた。えり子ちゃんにも同じようなセンスが感じられて、エディと少しテイストは違うけど、自分の感性でインド文化やヒンドゥー教を取り入れていて、とてもおしゃれだなあといつも感心する。そういうところがエディとえり子ちゃんは似ていて、私はどちらも好きなのだと思う。

グルジとインドの神様の写真のフレームとか、フレームまわりの飾りのセンス!好きだわー。

グルジとインドの神様の写真のフレームとか、フレームまわりの飾りのセンス!好きだわー。

そんなえり子ちゃんのセンスが、最近正式に始めたお菓子ブランド「La・ddu(ラドゥ)」にも凝縮されている。インドの伝統菓子ラドゥを、今の日本で食べやすいように洗練させたお菓子で、これが他では食べたことないのに、なんだか懐かしいような感じもして、本当にとても美味しい。AYOのクラスをやっている時間は、スタジオでも販売しているようなので、気になる人はスタジオで買ってみてください。コーヒーにも合うので、練習後のコーヒーと一緒にどうぞとすすめたくなる。

181206_06.JPG

ああ、やはり宣伝くさくなってしまうと反省しつつも、今回は本当にどうしてもスタジオが紹介したくなったので、私が勝手に書いたブログです。

正直、私はアシュタンガヨガの練習は、ビギナーが何年も練習を続けて自立するまではとても大変だと思っていて、どんなにアシュタンガヨガのメソッドがよくできていても、スタジオが素敵、先生がかっこいい・美人、おしゃれなウェアを着たい、痩せたい…みたいな、かたちから入るような外的モチベーションが最初の頃は必要だと思う。練習が軌道に乗って自立するようになれば、練習自体がモチベーションになるので、そういう外的モチベはあまり必要なくなるけど、そこまで自立するのに何年という時間がかかるものなので、逆説的だけど、練習を継続して本質的な良さに触れるまでに、外的モチベはある程度は必要になるだろうなと、これまでの経験上も思う。

181206_07.JPG

だから、今回AYOが移転したスタジオを見て、これは外的モチベーションになる場所だなあと単純におすすめしたくなった。それに、2013年にバリーから引き継いで始めたマイソールクラスが、今回の移転で「えり子先生のAYO」になったなと感じたので、今さらながら紹介したくなったのでした。

東京にはアシュタンガヨガのマイソールクラスの選択肢はたくさんあるけど、AYOもとても素敵なスタジオと先生とクラスなので、興味がわいた人はぜひ訪れてみてください。とても気持ちのいい練習ができる環境ですよ。

Ashtangayoga Omotesando
Teacher: Eriko Watanabe
Mysore Class Schedule: 月〜金 ドアオープン:6:00-9:30、指導時間:6:30-9:00
Class fee: ドロップイン 3,000円
※日・祝はフルプライマリーレッドクラスになったり、オープン時間も変わります。マンスリーパスなどの料金も色々あるので、その他の情報はすべてWebサイトを参照してください。

YOGAYuko MatonoYoga, Tokyo